くるくるしたい(仮)

ポールダンス・エアリアルパフォーマンス・ストレッチ・筋トレについて語るブログです

逆立ちトレーニング!伸肘倒立練習をしよう♫

f:id:simpledancer:20180513135647p:image

伸肘倒立の練習方法をご紹介します!

今回の動画は自力でいきなり床の上でやるのではなく

  1. 段差をつけて やってみる
  2. 補助をつけてやってみる

の2バージョンです!

壁を使ってまずは初めてみよう!のブログはこちら

acro-y.hatenadiary.com

まずは動画をご覧ください

www.youtube.com

ALK:見終わりましたか?

1.段差をつけて上がってみる方法

これをやるメリットとしては

  1. 段差をつけることによって腰の位置が上がりやすいので倒立に簡単に上げていくことができる
  2. 前側に何もないので上半身に体重移動をしていく感覚を掴みやすくする

ことだと思います。(あと思い出したら書きます)

動画では私はマット1枚分の高さをつけていますが、最初はもっと高いところからやって見て良いです!

段差を使った倒立のポイント

体の硬い人は閉脚でやってみるとわかると思いますが、床までの距離がさらに遠くなるので、そもそも手がつかない!って場合は足を開いた状態からやりましょう!

特に男性は女性に比べて硬めの人が多いと思うのでフラットな床でやるときも足を開脚状態で上げていくほうが楽です。

柔軟性のある女性の場合腰の位置が高くなるので、閉脚姿勢から行ったほうが断然楽です。

怖いときは無理をせず補助をつけるなり、壁が近いところでやりましょう!

補助をする場合

f:id:simpledancer:20180513142427p:plain

  1. 補助者はしっかり倒立する人の腰のあたりを持つ
  2. 補助者は足でも倒立する人の肩を支えてあげるように支持をしてあげる(補助者が壁の代わりになる感じ)
  3. 腰の切り替えなどを最初は補助者がしっかりガイドをしてあげる
  4. 下ろすときも同様に
注意点

補助者が倒立する人よりも身長がかなり低い、体重がかなり軽い、または力がない、、、の場合、倒立を持ち上げた時に体重がかかるので後ろに倒れやすくなります。

なので最初は補助者は自分の後ろに壁が背中にもたれられるくらいの状態でさらに自分の支えを作り、ふらつかないようにして補助して相手に不安を与えないようにしましょう!

まとめ

なかなか普通の倒立と違って伸肘倒立を補助してくれる人は周りにいないかもしれませんので、自力でやる場合は

  • 壁を使うこと
  • 段差を使う練習

を繰り返して行ってください。そして時々段差をつけずにどこまで自分が今上がるのか?を確認しながら練習して見てください。

焦らず少しずつ毎日練習してね!

 

acro-y.hatenadiary.com