くるくるしたい(仮)

ポールダンス・エアリアルパフォーマンス・ストレッチ・筋トレについて語るブログです

怪我をした時のモチベーションの保ち方

f:id:simpledancer:20180619151114j:plain

先日頸椎を痛めました!

怪我や病気をした時ってどうして私だけが。。。とかなんであんなところで怪我をしてしまったんだろう。。なんて後悔したりしてしまいがちです。

怪我の時でもモチベーションを落とさずに楽しく過ごすことが大事だと思います。

昔は怪我した時はこの世の終わり!くらい落ち込んでいましたが

今は、じゃあ、筋肉を休める日にしよう!とかブログをもっと更新しよう!

とすぐに思考転換できるようになりました。

 

まずは検査や通院、治療に専念し最善を尽くそう

素人目線で大丈夫だろう!って感じで放置するとずっと治らないで後遺症が残ったりするので、まずは不調だな、おかしいなと思ったら病院で診察してもらってください。

私も今回、おかしいなと思い(多分筋肉だなー)筋膜リリースのグリッドローラーでグリグリして、一応病院で検査しようと思い、診察したら筋肉ではなく、頸椎が原因でした。

あと、病院で診察してもらって、そこで治療してもらっていても合わないなと感じたらセカンドオピニオンを受けることも必要だと感じます。

自分に合わない先生や治療法だと感じた場合は別のストレスが生まれますし、自分にとって最善の方法を選択する努力が必要だと思います。

治療中の過ごし方

トレーニングをされていて、全く体をうごかせなくなってしまった場合をのぞいて、どこかしら動かせると思うので、問題ない部分を強化したり

普段練習やショーの仕事をしていた時にはできないことを過ごすとか。

私の場合はブログのリライトを行ったり、ブログを書いたり、

あとは絵を描くのもすきなので 絵を書いたり。

暗い気持ちでいると不幸しか寄ってこないです。

明るく過ごせるものや気分が上がることを普段から見つけておくのは重要。

まとめ

私が思うに真面目に練習しすぎる人ほど大きな怪我をしている人が多いように見受けられます。体が疲れている状態や痛みが出ている時に無理やり頑張ってやってしまって大きな怪我に繋がるパターンが多いです。

怪我をした時は最善の治療する努力は必要ですが、怪我をしないことが一番なので

体が故障しているのに無理やり続けるのは避けてしっかりメンテナンスをしましょう!

もちろん無理してしまう場合もあるかとは思いますがその時も可能な限りの疲れをとる方法を自分なりに装備しておくと良いかと思います。

怪我した時はできることを前向きにやるのが一番です!

と、頸椎痛い痛いしながらブログ書いてみました。

acro-y.hatenadiary.com